顔の印象を悪くする目の下のたるみ!
目の下のたるみ
目の下のたるみは涙袋とは程遠く、
ゴルゴラインと呼ばれる影がたるみを強調してしまいますよね。

目頭からスーッと伸びる線と共にプクッとたるみが浮き上がって見えるので、
目の下のたるみで深刻な悩みとなっている人もおおいはずです。

アイクリームや保湿などスキンケアにお金と時間をかけてもなかなか改善しないのはどうしてなのでしょうか?

目の下がたるむ原因は人それぞれ

10人同じ症状で悩んでいても、そうなった原因は人それぞれ違うなら対処法も変わってきます。

・年齢によるものならコラーゲンを作り出す繊維芽細胞が衰えて、コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸からなる真皮層がバランスを崩している状態。

・眼球の保護で脂肪が溜まる場合。
こちらも加齢による場合が多いですが、眼球を支える靭帯が弱まることでその下にある眼球を保護していた脂肪が前方へ出てくるために起こります。

・凝視してほとんど動かさないことで目の酷使や疲労が溜まり凝り固まっている状態。

・紫外線によるダメージ

・コンタクトレンズ

・マッサージなどの化粧品によるものがあげられます。

適切なケアで目の下のたるみを改善するには?

加齢によってたるみが発生していた場合には化粧品が一部有効にアプローチしてくれます。

全てのエイジングコスメが効果的というわけではなく、ナノ化され真皮にまで浸透させるタイプや、繊維芽細胞にアプローチできる有効成分が配合されているものを選びましょう。

目の下のたるみを治すには?

眼輪筋を鍛えると大きな改善が期待できますよ!

方法は色々ありますが、一番簡単なものとして、
下まぶたをゆっくり引き上げてまぶしい目を10回やるだけで顔面がヒクヒク感じるほど鍛えることができます。

そして、意外に知られていないのが、
自分で目の下のたるみを作ってしまう毎日の習慣がありました。

化粧品に欠かせない成分の合成界面活性剤には、
水と油を乳化させ浸透を高めるメリットがある一方で、
徐々に肌を乾燥させる大きなデメリットがあります。

目の下のたるみを悪化させてない?

目の下のたるみを気にしてアイクリームやマッサージなど過剰にスキンケアすることで摩擦ダメージまで加わり、
自らの手でたるみを悪化させていることが考えられます。

そこで、合成界面活性剤フリーのコスメを選ぶと老化を加速させる乾燥ダメージが抑えられ、
肌自体の健康状態が高まれば本来の回復力や治癒力が戻ってあらゆる肌悩みが改善していく可能性があります。

目の下のたるみは美容液で治る?

シンプルケアが良いと言われる理由は美しくなろうとする本来の機能を最大限活かし、
化学成分の多いケミカルコスメではなく自然由来の化粧品で最低限のケアだけでスキンケアしていくという方法。

今まで買ってきた化粧品の数々で、一時的に良くても継続的に使うとパッとしないということはなかったでしょうか?

肌が慣れてしまえばそれよりももっとランクを上げていかないと肌は満足していきません。

そういったアイテムに出会う時間とお金のことを考えれば、本来の機能を取り戻すことが一番大事かもしれませんよ。

目の下のたるみを改善するには?

その他、パソコンやスマホを長時間見ないことが一番ですが、
眼精疲労にならないよう温める、ほぐすなどの血行が良くなる温感ケアでコリをリセットすることも忘れずに行ってみてください。