Forwoman大学

Forwoman大学

女子力アップ術

自分に合わせた朝の洗顔方法でキレイになれる方法

 

一晩でおよそコップ1杯程度の汗をかくので肌は意外と汚れています。

 

前日のスキンケアが酸化していることはもちろん、
皮脂とも合わさって毛穴が汚れることにもなりますからね。

 

お水だけでザッと洗顔すると、落としたい余分な皮脂は、
残ったままになりますから、朝も洗顔料を使うのがベストです。

 

ただし、いつも使っているものは落とし過ぎる可能性が高く、
朝に使うのはとてもリスクが大きくもなります。

 

そこで、界面活性剤を含まない洗浄剤を選ぶのがポイント!

 

過剰に油分を落とすことがなく、
肌にしっかり潤いを残すことができるので、オイリー肌、
乾燥肌関係なく使うことができますよ。

 

おススメはマナラのモイストウォッイングゲル

朝の洗顔料として開発されたもので、
泡立たずゲルを塗ってザッと洗い流すだけで、
すすぎ落としも気にしなくていいくらい優しい成分でできてます。

 

その日の環境によって肌はベタベタにもカサカサにもなりますから、
自分の肌をしっかり見て判断するのが美肌を育てるポイントですよ。

買って損した口紅の活用術

 

思っていたイメージと違う発色で、お蔵入りした口紅ありませんか?

 

最近は、ビビットな色が流行していますが、
自分にはイマイチだった!なんてこともあると思います。

 

色味の濃い口紅の場合は、ポンポンと軽く指先でつけていき、
グロスでジューシーに仕上げると、肌なじみも良くなりますよ。

 

また、30秒ほど温めたワセリンと混ぜ合わせれば、
唇に優しい手作りグロスになりますよ。

 

100均にあるパレットに詰め替えて、冷蔵庫で固めればできあがりです。

 

でも、1本マルッと残ってしまったのを使い切るのは難しいかもしれません。

 

口紅は、唇に着いた唾液や食べかすが付着しやすく、
雑菌が繁殖しやすいコスメでもあります。

 

せいぜい半年か1年程度で捨ててしまわないと、
逆にダメージになるだけなので消費期限には注意が必要です。

 

新品同様の物であれば、チークやアイシャドウの代わりにもなります。

 

発色の良さとツヤ感はさすが口紅のなせる業。

 

コツは、手の甲に一度塗ってから、
顔に少しずつのせていくと失敗することなくできますよ。