Forwoman大学

Forwoman大学

女子力アップ術

残業女子の食事方法

 

夜遅くに食べるのはデブに直結と分かっていても、仕事が忙しく22時以降に
夕飯…という女性もいるでしょう。

 

確かに、夜は本来身体を休める時間帯なので、摂取カロリーを消費できず
その分は脂肪にマルッと変わってしまいます。

 

でも、夜はいつもこの時間帯に食べるのだと体に覚えさせておけば、
上手いこと回ってくれるようになりますよ。

 

でも、暴飲暴食はぶくぶく太る原因なのでそこだけは十分注意が必要。

 

929ad9f25c28a7048cd9df6d4a37a12a_m

 

まず、お米よりもうどんの方が消化スピードが早いので、22時以降に

炭水化物が食べたい場合はうどんがベスト。

 

でも、主食は抜いておかず中心にすればカロリーを抑えることが
できるので、基本はこちらがおススメです。

 

チーズは栄養満点な上に消化が早い食品。
しかも、セロトニンが分泌が促されるので良質な睡眠も得られて一石二鳥。

 

夕飯とはいっても、深夜にガッツリ食べるのは翌日の朝食にも響いて危険。

 

朝食を食べなければ、ますますバランスが取れなくなるので、
朝は3昼は5夜は2といった具合に、量の調節は必須です。

 

それから、夕方におにぎりやシンプルなパンなどを間食として食べておくと
トータル的に食べる量は変わらないので上手にコントロールできると
思います。

洋ナシ体型撲滅はお尻がカギを握ってる

 

日本人は特に後姿を気にしないんですって!

 

オシャレ先進国は後姿まで美意識高くあるので、日本の女性ももっと
気をつけていかないと!

 

垂れ尻、デカ尻でパンツスタイルを諦めている人も多いと思いますが、
こんな人は洋ナシ体型まっしぐら!

 

洋ナシ体型に共通することは、代謝が悪く皮下脂肪になりやすいということ。

 

お尻を自分の手で触ってみて、ヒヤッと冷たければ危険!
脂肪がつきやすくなっているので、お腹だけじゃなくヒップもしっかり温める
ことが大事。

 

person-49579_960_720

 

お尻は内臓に流れる血液量を増やす重要な役割あるので、ないがしろに
するのは絶対にダメ!

 

しかも、脚が太くむくんだり、婦人科系疾患や腰痛にも影響するので
冷えると厄介な場所。

 

手足と違って、デスクワークで座りっぱなし、仕事上立ちっぱなしと
同じ姿勢であることが慢性的な冷えを作っています。

 

さらに、脂肪は一度冷えると温まりずらい性質をもっていることから、
運動不足で筋肉をしっかり動かしていないと、熱が作り出せずさらに脂肪で
身を守ろうとするんです。

 

だから、温かいインナーや湯船にしっかり浸かって外側から温めておくと
ムダなお肉がつきにくくなります。

 

お尻周辺の筋肉を動かすことで、キュッと引き締まったラインにも

整えることが可能ですから、大股歩きや踏み台昇降など適度に運動を
取り入れてくださいね。