Forwoman大学

Forwoman大学

女子力アップ術

大人スタイルには「アースカラー」が欠かせない!

 

ナチュラル志向が高まっている影響で、ファッションでも自然色が好まれるようになりました。ベースは「アースカラー」と呼ばれる、自然界にある土・砂・木・植物にある色合いです。
具体的にはブラウン・ベージュ・カーキ・オレンジの4色。これらの色は使い方次第で地味コーデになる危険がありますが、うまく使うとかなり「こなれ感」を出せます。
大人っぽいコーデがしたい人は、ぜひ参考にしてください。

 

shapes-911690_960_720

 

・着回し力バツグンのブラウン
定番にしている白と黒。ブラウンに変えてみると、驚くほどファッションが決まります。どちらと入れ替えても通用する着回し力の高さが、ブラウンの特徴だと言えます。
白Tシャツとブラウンスカートで品よく決めつつ、黒よりも適度な明るさを。
白だと子供っぽく見えてしまうパフスリーブやオフショルダーのトップスは、ブラウンに変えればたちまち大人っぽくなります。

 

・フェミニンに見えるベージュ
肌なじみがいいベージュは、ブラウンより女性らしく仕上がります。濃いベージュを合わせれば肌が綺麗に見え、肌見せしてもいやらしくなりません。
ベージュは可愛らしいイメージなので、いつも着ないようなラインの服にチャレンジするのもおすすめ。フェミニンさを増すベージュなら、大人のラフなスタイルとも相性ぴったりです。

 

・辛口に仕上がるカーキ
もう一つ肌見せにおすすめの色がカーキです。カーキのメンズライクな印象と肌見せのギャップで、かなりオシャレ度が上がります。
できればラインはタイトに。飾りの少ないシンプルなスタイルにして、アクセサリーでメリハリを。可愛い髪型にチャレンジしたい時も、子供っぽくなりません。

 

・くすんだオレンジで上級のこなれ感
オレンジの場合は派手な色合いより、少しくすんだ色がオシャレに見えます。他の色と馴染んで悪目立ちしないくすみ感が、力の抜けたこなれ感を生みます。
合わせる色に迷ったら、同じアースカラーの3色を取り入れて。地味な色合いの中で、オレンジがいいスパイスになってくれます。