Forwoman大学

Forwoman大学

女子力アップ術

効果的な半身浴の行い方

 

半身浴のポイント
・お湯の温度…体温より少し高め、38度~40度が理想。冷えずにのぼせず長時間入れます。
・お湯の量…おへそより高く、心臓よりは下まで。好きな入浴剤を入れるとリラックス効果が倍増します。
・浸かる時間…20分~30分まで。長過ぎると疲れてしまいます。

 

3780c816d7c699dc0bd85f66a177539c_s

 

半身浴中の注意
・入浴中の姿勢…半身浴の効果を半減させないためには、姿勢にも気をつけましょう。よくいるのが、疲れているからといって
湯船のヘリに頭をもたれている人。これでは肩と首に負担がかかって、肩こりがひどくなります。

 

頭はまっすぐと上げておきましょう。もたれたい場合は、首元に温めたタオルを置いて。タオルの効果で上半身も温まって
相乗効果があります。寒くなってきたらタオルを増やして肩にかけるといいでしょう。
足はしっかり伸ばした姿勢で。縮こまっていては、疲れが取れません。

 

・のぼせたら…のぼせてきた、なんだか頭がフラフラすると少しでも感じたら時間内でもすぐにやめましょう。
・水分補給…半身浴を始める前に、水やスポーツドリンクを飲んでおきます。お風呂に持ち込んで半身浴中に飲んでもいいです。
そして、終わった後にもしっかりと飲みましょう。喉の渇きを覚えなくても、自分で思っているより水分を排出するのが半身浴です。
しっかりと水分補給は行いましょう。

片鼻呼吸とジャンピングで鼻美人

 

まさか!?と思うかもしれませんが、年齢と共に鼻の穴も大きくなってしまうのだとか。

 

確かに、目も口も老化していくのはハッキリしているのに、鼻はなにも変わらないと思うのは間違っているのかもしれないですね。

 

実際、鼻も加齢によって下がりおよそ1.5倍穴が広がってしまうと言われています。

 

もし、鼻に指を入れる習慣があれば…

 

もし、ティッシュを詰めているなら…

 

もし、口呼吸しているのなら…

 

もし、鼻づまりで苦しんでいるなら…

 

こういったことが原因でさらに大きくなる可能性があるので、何気ない日常を意識したほうが良いですよ。

 

鼻掃除をするならば、綿棒を使うクセをつけましょう。

 

ついつい指でホジホジしそうでもグッと我慢(笑)

 

花粉症やホコリアレルギーがあれば、鼻栓が欠かせなくなりますが、間違ってもティッシュを詰めることはしないように!

 

鏡を見れば一目瞭然、ものすご~く小鼻が広がっているので、物理的に膨らませるのは厳禁です。

 

そして、鼻づまりを放置しているのもこれまた悪い行為。

 

ジャンプしたり脇をギュッと絞める方法もありますが、片方の鼻を押さえて呼吸をすると、鼻の通りが改善していきます。

 

ヨガの呼吸法にもありますが、自律神経を整えて様々な不調を改善に導いてくれますよ。

 

ラクスラ

自分に合わせた朝の洗顔方法でキレイになれる方法

 

一晩でおよそコップ1杯程度の汗をかくので肌は意外と汚れています。

 

前日のスキンケアが酸化していることはもちろん、
皮脂とも合わさって毛穴が汚れることにもなりますからね。

 

お水だけでザッと洗顔すると、落としたい余分な皮脂は、
残ったままになりますから、朝も洗顔料を使うのがベストです。

 

ただし、いつも使っているものは落とし過ぎる可能性が高く、
朝に使うのはとてもリスクが大きくもなります。

 

そこで、界面活性剤を含まない洗浄剤を選ぶのがポイント!

 

過剰に油分を落とすことがなく、
肌にしっかり潤いを残すことができるので、オイリー肌、
乾燥肌関係なく使うことができますよ。

 

おススメはマナラのモイストウォッイングゲル

朝の洗顔料として開発されたもので、
泡立たずゲルを塗ってザッと洗い流すだけで、
すすぎ落としも気にしなくていいくらい優しい成分でできてます。

 

その日の環境によって肌はベタベタにもカサカサにもなりますから、
自分の肌をしっかり見て判断するのが美肌を育てるポイントですよ。

買って損した口紅の活用術

 

思っていたイメージと違う発色で、お蔵入りした口紅ありませんか?

 

最近は、ビビットな色が流行していますが、
自分にはイマイチだった!なんてこともあると思います。

 

色味の濃い口紅の場合は、ポンポンと軽く指先でつけていき、
グロスでジューシーに仕上げると、肌なじみも良くなりますよ。

 

また、30秒ほど温めたワセリンと混ぜ合わせれば、
唇に優しい手作りグロスになりますよ。

 

100均にあるパレットに詰め替えて、冷蔵庫で固めればできあがりです。

 

でも、1本マルッと残ってしまったのを使い切るのは難しいかもしれません。

 

口紅は、唇に着いた唾液や食べかすが付着しやすく、
雑菌が繁殖しやすいコスメでもあります。

 

せいぜい半年か1年程度で捨ててしまわないと、
逆にダメージになるだけなので消費期限には注意が必要です。

 

新品同様の物であれば、チークやアイシャドウの代わりにもなります。

 

発色の良さとツヤ感はさすが口紅のなせる業。

 

コツは、手の甲に一度塗ってから、
顔に少しずつのせていくと失敗することなくできますよ。

正しい洗顔方法で美肌ケア

 

洗顔の大切さを考えて、正しい洗顔方法が知りたいです。

 

お湯の温度や洗う回数など基本的なことから、
詳細が知りたいのでよろしくお願いします。

 

洗顔する前には必ず手を洗うようにします。

 

手には菌や汚れが付着しているので、
この状態で洗浄剤を泡立てても質の悪い泡になってしまいます。

 

また手の甲の隅々まで洗うことで、
将来的にシミの無い綺麗な手になれますよ。

 

毛穴を開かせるためにぬるま湯で顔をすすぎます。

 

ぬるま湯と言っても、ほとんどの方は熱すぎるので、
冷たいお湯と言ったほうがいいかもしれません。

 

36度以下で洗顔するようにします。
36度はオイリー肌の人だけです

 

お風呂場で洗顔する人は、ついついシャワーの温度はそのままで、
洗顔しがちになりますから設定温度には気をつけてくださいね。

 

体にかかるとヒヤっとする程度の冷たいお湯が理想です。

 

洗浄剤を泡立てネットを使ってキメの細かい濃密な泡を作ります。

 

タマゴ1個分の泡ができたら、
顎先から上に向かって撫でるように洗っていきます。

 

直に手が触れないよう優しく擦らず洗顔することや、
下から上へと洗うことで、不要なタルミになることを防ぎます。

 

皮脂の多い部分だけ、数回軽く撫でていきます。

 

洗顔時間はオイリー肌の人で2分なので、
通常は30秒~1分で終えるようにしてください。

 

すすぎの仕方も重要で、顎から上、
中心から外側へとすすいでいくことでタルミ予防になりますよ。

 

毎日の洗顔することですから、
これをマスターするだけでも将来に違いが出ます。

 

また洗顔後はゴシゴシ拭かず、
水分を優しく吸い取らせるように優しく押さえるようにします。

 

あとは、たっぷりの化粧水や美容液を首からつけるとより良いですよ。